bind_23.jpgbind_23.jpg

これまでの宣伝・広報の実情

大手企業が大手総合代理店を使っておこなうマーケティング・宣伝方法は、
一つのプロジェクトが 1,000 万円単位になり、中小企業が手を出しづらいものでした。
近年インターネットが普及した結果、ネットによる購買方法の多様化・地域差の減少により、
中小企業でも攻めやすい市場が醸成されました。
Amazon, 楽天の大手の台頭によって、ネット購入の敷居が低くなり、
効果的な宣伝・広報を行えるようになりました。

bind_free077.jpgbind_free077.jpg

宣伝・広報をおこなう課題

媒体ごとに扱う代理店があり、総合的に把握・分析が出来ていないが多く見られました。そのため、実際の効果を把握していないという事が多くの原因と分かりました。 ホームページ制作、Web 広告、SNS への広告など、新しい媒体が次々と登場し、どれが効果的なのかわからないまま進めているクライアントのデータ整理が課題でした。
パブリシティに関しても、中小企業に TV や雑誌の大手メディアは注目しないのではないかという思い込みからアプローチに消極的でした。

bind_67.jpgbind_67.jpg

テレビの実情把握

現在、テレビ局は大手企業が中心のマス広告が減り、売上げが右肩下がりの中で視聴者離れに対して非常に敏感になっています。
制作予算も厳しくなり、予算をかけずに新しい話題を提供する事に必死です。でもそんなものはそうそうありません。

bind_free073.jpgbind_free073.jpg

雑誌媒体の実情把握

雑誌も、部数削減が激しく、テレビ同様に予算が厳しいため、予算のかからない魅力的な企画があれば、話を聞きます。

bind_free093.jpgbind_free093.jpg

SNS の実情

有名ブロガーなどのサイトはメディアとしては規模は小さく、具体的な内容精査が難しく(商品によって)ブロガーのプロフィールなども微妙である場合も多い状態です。
またステルスマーケティングと呼ばれた、半ば詐欺まがいな手法もあります。

bind_56.jpgbind_56.jpg

ホームページでの PR

既に、あって当たり前なっている感はありますが、検索ユーザーを考えて設計されているものは意外に多くありません。
また適切な SEO 対策を講じていないために埋もれてしまっているものも少なくないのが実情です。
(HP は店舗だから運営が必要なのです)