bind_32.jpgbind_32.jpg

広報メディアをしっかり把握する

紙メディア・デジタルメディア・ウェブそれぞれの宣伝・広報に対する適正な規模・費用対効果を予測します。

bind_free004.jpgbind_free004.jpg

流行りに流されない

広報・宣伝をしっかり成功させるには計画的な段取りが必要です。安易に流行りや話題になっている新メディアへ参入する場合、時間と費用の浪費だけが残る場合もあります。

bind_33.jpgbind_33.jpg

広報・宣伝の基本は PDCA である

宣伝・広報は人の興味の山を探すようなもので、確実な「当たり」がなく、また興味も固定していません。ですので常に、Plan - Do - Check - Action によって、仮説と検証と繰り返しながら精度を維持していく必要があります。

bind_free005.jpgbind_free005.jpg

御社の最も強い宣伝力である「事業の本質」を考える

値引きなどによって目先の売上げを伸ばすことは可能でしょう。ただ、長期的な視野では企業の有形無形の資産を削ってしまうことも多々あります。事業の本質を訴求することによって、適切な商品理解・適切な利益を生み出す広報・宣伝体質を構築します。
・創業から繋がっている、事業理念・企業の存在意義から掘り下げ、何をすべき企業なのかを再確認します。
・事業の本質 = 起業理念と取り扱っている製品・サービスの関係に営業や宣伝で最適なプロセスを設計します。

bind_75.jpgbind_75.jpg

広報・宣伝をデータで提案する

・Google Analitics を基本にした分析。
 分析から広報宣伝の方向を発見し、宣伝方法・キーワードを決定します。
・出版社・編集部へ深いリレーションを持つ

bind_free040.jpgbind_free040.jpg

御社の PDCA に参加し・検証する

PDCA が回らない最大の原因は、業務の多忙と継続を確認して行く担当者が設定されていない事です。また、システムだけでなく根気も必要です。当社が、継続と状況変化を担当することによって、広報活動の効率化と、柔軟な対応をサポートします。